zackyコツコツよかった探し diary

毎日のよかった探しで、自信の持てる自分になるblog

ブダペストのセーチェニ温泉

こんにちは、ザッキーです。

 

ブダペストで何が良かったか?と聞かれたら、

私は温泉って答えます!

 

日本の温泉とは違い、水着で入る少しぬるめの温水プールのイメージです。

ブダペストにはたくさんの温泉施設があって、市民の憩いの場になっています。

 

ブダペストに温泉があるなんて、

ガイドブックを見るまで知りませんでした。

 

今回は老舗の一つセーチェニ温泉という場所に行きました。

 

古そうなお屋敷みたいな建物で雰囲気があります。

でも外からは温泉かどうか全然わからない。

 

入口で入場料を払って、タオルを借り、施設に入ります。

でもここで問題が・・・

当たり前ですが、更衣室は男女別々。そして大広間。

主人と離れて英語が得意ではない私が、

一人ぼっちでほぼ地元の人しかいない更衣室で

個人ロッカーがちゃんと使えるのでしょうか。

ハンガリー語の看板も、全然わからんし。

 

不安いっぱいな私は、前もってネットで温泉に行った日本人のblogを、

いくつも読みロッカーの事も勉強をしました。

 

でも行ってみたら、初めて見るタイプのロッカーの鍵。

えー、わからん。

どうしよう。

 

続きは明日に。 

 

 

ハンガリーの通貨(フォリント)

こんにちは、ざっきーです。

 

夏旅行の話です。

 

今回行ったハンガリーの通貨はフォリント

EU圏でも、通貨はユーロではないんです。

 

ユーロと違って、フォリントの通貨は日本では手に入りにくいので、

ハンガリーの空港のATMで両替しました。

 

20,000フォリント分(日本円で約16,000円)を指定したら、

20,000フォリント札一枚が出てきました。

 

うーん、困った。

 

なぜなら海外で高額紙幣は店舗で使うと嫌がられます。

お釣りがないとか、偽札だったら困るとか言われて、

受け取ってくれないんです。

 

案の定、空港で市街地までのバスのチケットを買う時、

20,000フォリント札を出したら、

「ノー、ノー!お釣りが無いから、ダメ」

とピシャリと断られました。

 

結局、バスのチケットはクレジットカードで支払いました。

 

私達も早く小銭に崩したいんですけどねぇ。

(小銭を持っていないと、小さな売店や有料トイレ、チップなど、

支払いに困るんです。)

 

到着して一番眠くて、体も疲れていて、頭がボーっとしている時に、

大きな声で「ノー!」となんて言われて、トーンダウンです。とほほ。

 

結局20,000フォリント札は、

宿泊するホテルで少額のお札に両替してもらいました。

ホテルのフロントの方は笑顔で快く両替してくれました。

よかった~。

ホテルでも断られたら、泣いちゃうわ。。。

 

今回ブダペストで泊まったホテルはフロントの対応もよく、

毎朝の朝食が楽しみになるくらいおいしかったです。

 

 

ホテル・モメントブダペスト

https://www.expedia.co.jp/Budapest-Hotels-Hotel-Moments-Budapest.h12892495.Hotel-Information

 

初めての場所での、人の笑顔はありがたい。

私も逆の立場なら、笑顔で対応できる人でいたい。

 

2019夏の旅行

こんにちは、ザッキーです。

 

早めの夏休みで旅行に行っていました。

旅行のこと、少し書きたいと思います。

 

行先は、

ブダペストハンガリー3

ザルツブルクオーストリア4

二カ所、合計10日間です。

 

一言、感想。

「ビール毎日飲んだぁ~。」

 

私こんなにビール好きだったっけ?

と思うくらい、

毎日、地ビール三昧。

それに食べたい物を食べたい時に食べて、

幸せでした。

 

夏の旅行は日没が遅いので、ヨーロッパに行くことが多いです。

6月は夜の9時半くらいまで明るいです。

出掛けるのも、明るい方が安全です。

 

一ヵ所目はハンガリーのブタペストにしました。

なぜそこにしたかというと、一番の理由は行ったことのない国だから。

 

またブダペストは映画の舞台になっていたり、

夜景が有名で「ドナウ川の真珠」と呼ばれ、

よく旅行のパンフレットにも出てきて見てみたかったんです。

 

それと歴史的に、一時期、社会主義国でしたが、

元々はハンガリー帝国で、オーストリアの支配も受け、

ハプスブルク家エリザベートにもゆかりがあったりして、

歴史にも興味があったから。

 

飛行機は、

成田⇒ヘルシンキハンガリー

で行ってきました。

 

今回も、主人と二人の個人旅行。

今回も色々ありました。

ちょこちょこ書いていきたいと思います。

 

エレベーター

こんにちは、ザッキーです。

今朝よかったことがありました。

 

いつも5分家を出るのが遅れてしまいました。

出遅れたから余計に、マンションを降りるエレベーターにすぐ乗りたいです。

 

ラッキーなことに、エレベーターで同じ階の男性がすでにボタンを押して待っていて、

私がエレベーターホールに着いた時、ちょうどエレベーターが開きました。

 

でも中を見ると、すでに人がいっぱいで一人乗ったらもう満杯です。

無理したら私も乗れるけど、、、と乗るのを躊躇していたら、

先に乗った男性(エレベーターのボタンを押してくれていた人)が、

躊躇している私をチラッと見て、

ガンガンと奥の隙間に入ってくれました。

 

お陰で私は無事にエレベーターに乗ることが出来ました。

お陰で時間通りに会社に着くことが出来ました。

同じ階の男性、ありがとうございました。

 

朝から、ツイてた。うれしいな。

20mクロール

こんにちは、ザッキーです。

 

通っていた大人のスイミングスクール(4)が終了しました。

目標は20メートルのプールをクロールで泳ぐこと。

 

4回のレッスンが終わって、

結果は、、、

泳げました!

 

最後の5メートルは、鼻から水が入って、

ゴボゴボ、ゲホゲホで、溺れかけ。

必死。

でもなんとか足をつけずに泳げました。

 

全然泳げず、息継ぎが出来なかった私が、

何度か息継ぎをして、泳げるようになるなんて。。。

 

嬉しい。

素直に嬉しいぞ。

 

これで旅行の時の海やプールも楽しくなったらいいなぁ。

でも継続して練習しないと身に付かないから、プールに通わないと。

 

 

ちなみに背泳も少し教えてもらったんですけど、

こちらは、なぜか練習もせずに20m泳げました。

ビックリ。

 

コーチいわく、男性は筋肉量が多いので沈みやすい。

女性はその反対で得意とのこと。

 

「あ、それって体脂肪が多いと有利ってことですね。」

って他の生徒さんが言ってました。

そういうことか。

どおりで脂肪に助けられて、私は楽に浮けました。。。

ははは。

 

笑顔の盾

こんにちは、ザッキーです。

 

陽転エデュケーター仲間が毎日送ってくれるメッセージに、

「明るく元気に挨拶」というキーワードがありました。

月末月初の繁忙期。

意識してニコニコーってして朝から挨拶していました。

 

そしたら、いつも私に愚痴を言う同僚が、

今日はちっとも愚痴りません。

(先週は私に愚痴ばかり言ってきたのに。。。)

 

お、いい感じ。

彼女はいつも愚痴が多い人で、

どんな話でも愚痴にすり替えてしまうという得意技を持っています。

 

特に私が元気がなかったり、私がどんよりイラっとしていると、

すぐ愚痴り始めるんですよね。

 

今日は明るく元気に挨拶することで、私にバリアが張れたみたい。

笑顔は、私にとっては盾みたいなものですね。

意識して愚痴から、笑顔の盾で自分を守ります。

 

早めにその場でよかった探し

 

こんにちは、ザッキーです。

 

月末で仕事が忙しくなって、

昨日はちょっとバタバタしてたんですよね。

 

そんな時、営業さん宛の電話を取り次いだら、

「誰、その人、知らない。」「わたし宛?」

って言われたんです。

結局出てもらったら、

営業さんの知っている人で、仲良さそうに話してたんです。

最初から、何も言わずに出てくれればいいのに。。。

 

その後、同僚のAさんが私の席にやってきて、

何気ない会話をしていたんですが、

なぜか話がAさんの愚痴になっていてて、

なんで忙しい時に、

こんな話を聞かされているんだろう思っていました。

 

帰りにスーパーに寄ったら、

レジの袋詰め台で、

買い物カートを通路に斜めに止めているおばさまがいて、

通れません。

「すいませーん」って何度も言ったんですが、

全然聞こえてないみたいで、反応なし。

 

そんなことがあって

家に帰ったらなんかグッタリ。ふぅ。。。

 

でも思い返すと、

私、朝からずっとイラっとが続いていました。

だから次々と良くないものが寄ってきてたのかも。

 

陽転思考で、早めに気持ちの切り替えしていかないと。

それも、こまめにしないといけませんね。

 

今思えば、電話の取り次ぎの時点でしておかなかったら、

気持ちの切り替えが出来ないまま、

同僚の愚痴を聞かされ、

カートに道をふさがれ、

結果、「私ついてない一日」

になっちゃうんですよね。

 

早めにその場で、こまめによかったを探すこと。

大事です。