zackyコツコツよかった探し diary

毎日のよかった探しで、自信の持てる自分になるblog

バイバイ(@^^)/~~~

 こんにちは、ザッキーです。

 

主人と2人、横断歩道の赤信号を待っていると、

幼稚園のスクールバスが私たちの前を通り過ぎ左折していった。

そのバスに、窓にぴったりとくっついて、

こっちを向いて立っている一人の女の子が、私たちに手を振ってきた。

バスが左折しても、私たちの方を見てずっと手を振ってる。

 

私は「手、振ってるわ」くらいに思ってボーっと見ていたけど、

主人は私の隣で手を振ってそれに答えていた。

バスが見えなくなるまで振っていた。

 

「手振ってあげて偉いな」って言ったら、

 

「あの子だって、手を振り返してもらったら嬉しいと思うよ。

俺たちだって海外に行って、観光船やゴンドラに乗って、

地元の人達が手を振ってくれたらうれしいでしょ。それと一緒だよ。」

って。

 

ほんとその通りだね。

なーんかそういう気持ち、忘れちゃってたよ。

会社で色々あって、心が尖っちゃってるような、カサカサしてる感じがする。

今のそういう状態に気付いてよかった。

 

桜、満開

 

 

こんにちは、ザッキーです。

 

マンションから外に出るのに、

いつもと違う自転車用の出口から出たら・・・

なんとマンション前の芝生広場にある

桜が一望できるではないですか!!!

20本くらいはある?

すごーい。キレイ。満開。

 

いつもメインのエントランスから出入りしていたので、

芝生広場の端を通るだけだったんです。

自転車置き場の出口からだと、

芝生広場の中を通るので

桜の木に気づきました。

 

今まで気が付かなかったなぁ。

でも知らなかったから、今回桜を発見できたこと、

すごーく嬉しかったです。

 

今年は桜が咲いてから、寒くなったので長く楽しめそうですね。

桜の時期が終わるまで、自転車の出入り口から出勤することにします。

 

新元号

こんにちは、ザッキーです。

 

新しい元号が発表になりましたね。

令和

 

なんだかワクワクします。

新鮮な感じ。

 

いい時代になることを願います。

また自分自身も

令和が楽しかった~、充実していたな~

思える生き方にしていきたいです。

 

でも会社では新しい元号が発表になったことに、

めんどくさい。

言いにくい。

と言っている人がいます。

次から次へとマイナス発言のオンパレード。

 

そういう人は何か物事が起こると

絶対ネガティブな面しか見ないんですよね。

よかった探しなんて絶対しないだろうなぁ。

 

元号発表で、

人間ウォッチングが出来て面白かったです。

ふふふ。

 

元号

私は何か新しいことを始めるのもいいなぁって思っています。

(令和元年から始めた〇〇。

とか、覚えやすくてよくないですか。)

 

良い時代になるといいですね。

短期の派遣社員さん

 こんにちは、ザッキーです。

 

10月から短期で来てくださった派遣さん

残念ながら3月末で終了です。

 

本当によく動いてくださり、私の仕事も大助かり。

 

お礼を言いたくて、一緒にランチをしました。

彼女のチェックが正確なので、

・安心してお客様に請求書を出せたたこと。

・電話を誰よりも率先して取ってくれたこと。

・次に来る方の為にマニュアルまで作ってくれたこと。

お礼をお伝えしました。

 

でも彼女は、

「引継ぎをしてくれたYさんが丁寧に教えてくれたから、

同じようにやったんです。」

「マニュアルも以前のTさんが作ったのを参考にしたから

出来ただけです。」

と言うんです。

なんて謙虚なんだろう。

 

お礼の気持ちとして、タオルハンカチをプレゼントしました。

彼女が気に入りそうと思って、

お菓子のマカロンの柄のハンカチにしたら、

大好きな柄だってと言って喜んでくれました。

よかった~。

 

また一緒に仕事をしたいと思う彼女でした。

 

私も一緒に仕事したいと

思われるような人間になりたいと思います。

入学祝い

こんにちは、ザッキーです。

 

姪っ子から、

「お祝い、ありがとう」

と電話がかかってきました。

姪っ子の入学祝いを送ったのですが、本人の手元に届いたとのこと。

 

この4月から姪っ子は中学校になります。

がんばって中学受験した姪っ子ちゃん。

第一希望じゃなかったけど、第二希望の学校に通います。

ほんとはお姉ちゃんと一緒の、

第一希望の学校に行きたかったんだけどね。

 

自分の希望通りに行かないって、

悲しいよね。悔しいよね。

 

でも子供の頃にそういう経験があった方が、

絶対にいいと思う。

 

私は就職活動まで大きな挫折を味わったことがなく、

超氷河期と呼ばれた時代、

それを乗り越える力もなく、バイタリティーもなく。。。

二十歳を越えてから、苦労しました。

 

だからまだ小学生だけど姪っ子ちゃんには、

今の悔しさをバネにして強くなって欲しい。

 

姪っ子ちゃんが新しい場所でキラキラと輝くことを

叔母さんは応援してるぞ。

 

中学時代のクラブ顧問の勇退パーティ 3

先生の親友のA先生が、思い出話をスピーチをされていました。

A先生も中学の女子バスケ部顧問です。)

 

私達は中3の、30年前の大阪大会の準決勝。

私の学校も、A先生の学校も準決勝まで勝ち上がったのですが、

A先生のチームは手違いで

自分たちが着る淡色のユニフォームを持ってくるのを

忘れてしまいました。

 

公式試合では濃・淡のユニフォームを両方用意しなければなりません。

ユニフォームが無ければ、失格になります。

 

その時、私たちの顧問が、

使っていない自分たちの淡色のユニフォームを

A先生のチームに貸すように指示をし、

無事試合が出来たんです。

 

先生同士の友情で出来た助け合い。

今聞いても、いい話だなぁって思いました。

 

残念ながらA先生のチームは

その試合で負けてしまいました。

でもA先生はパーティのスピーチで、

あの時は試合が出来ただけでも有難かったと仰っていました。

 

私たちの学校は勝ち進み、なんとその後

大阪1位、近畿大3位、全国大会ベスト8

の成績を残したんです。

 

と言っても、私は補欠でいつもみんなの応援団(;^_^A

走るのも遅かったし、運動も得意ではありませんでした。

でも一生懸命応援をしました。

 

あの時の経験は貴重なもので、

その後の私の人生に大きく響いています。

中学時代のクラブ顧問の勇退パーティ 2

こんにちは、ザッキーです。

 

昨日の続き。

 

今までの私だったら、こんなパーティは断っていました。

現に今回も最初は

「大阪にわざわざ行くのもなぁ。やり取りしている友達もいないし。」

と思って、出席を断ったんです。

 

でもだんだん、

先生の勇退パーティってもう二度とない。

30年経ったみんながどうしているのか会ってみたい。

という気持ちになり参加をしました。

 

今回のパーティ参加は、私にしては大きな冒険。

自分の気持ちを後回しにせず、

行くと決断した自分を褒めてあげたいと思うし、

パーティで自分が楽しめたことも、自信になりました。

今回行動が出来た自分のことを、好きだと思えます。

 

こういう考え方の流れが出来るのは、

陽転思考のお陰だと思っています。

 

陽転思考でよかった探しをしていると、

自分のいいところに気づいて、

自分を認められるようになってきました。

 

そういう積み重ねが、自己肯定に繋がっていくんじゃないかな。

 

自信の無かった私は、

今、色んなことを積み重ね中です。